本文の開始
社長ブログ

2018.03.08
父の死

おはようございます。

本日はこの場を借りて、大事な報告をしたいと思います。


弊社富士コントロールの創業者であり私の父でもある

小高 博が2018年3月5日19:53 永眠いたしました。


先月の25日に胸が痛いということで、

近くの緊急病院で診察してもらったところ、

精密検査が必要ということで、総合病院を紹介されました。


翌日(26日)総合病院で検査したところ、肺に膿がたまっているということで

緊急入院決定がしました。


が、翌日(27日)病院課や呼び出しがあり、病状を聞いたところ

肺の全体に膿が増殖していて、現状でも進行しているということで、

本人は痛みで悶絶しているところでした。

このまま放置しておくと余命1~2時間ということで、

治療の方法を提案されました

選択肢は2つ


①膿を取り除く外科的手術

 この場合現状での体力、及び肺に浸潤した膿についてすべてを取り切れず、

 死期を早めるだけということでした。

②膿をそのままにし、痛みを取る緩和治療

 既に痛みの具合が、外から見ていてもとても痛く苦しそうな状況のため、

 薬を使ってとにかく痛みを緩和してあげる。

 すなわち本人に苦しい感じを無くして最後を見届ける

 それでも何日もつか解らないということでした。


家族で話し合いをしたところ、②を選択しました。


その後、本人の意思で延命処置はしないことのみ同意し、

必至に看病しましたが、3月5日力尽きました。


今回の件で、自身非常に勉強になりました。

死とは何か、延命とは何か、看病はどうあるべきか、家族とは・・・

このことを自身が死ぬまでしっかり考え、過ごしていこうと思いました。


まだこれから葬儀や49日等、そのための事務手続き等いろいろあるようですが、

できる限り、従業員やお客様にご迷惑をおかけしないようにしていきます。

今後とも富士コントロールをよろしくお願いいたします。


葬儀の詳細は、ここをクリックしてください。

前の記事:見えない情報
後の記事:ご会葬御礼




このページの先頭へ
ページの終了