インフルエンザ対策

2013.01.30

こんにちは、大野ですhappy01

本格的にインフルエンザが流行して参りましたねwobbly

毎年ピークは1月下旬から2月初旬に集中するそうです!

この流行にだけは乗りたくないですねcoldsweats01

一般的な風邪と区別が付きにくいと思うのでこちらを参考になさってくださいflair

 

  かぜ(かぜ症候群) インフルエンザ
発熱 ないかもしくは微熱 38~40℃
主な症状 上気道症状、鼻汁
など
発熱、筋肉痛
関節痛など
悪寒 軽い 強い
発病 ゆっくり 急激に発症
全身の痛み(筋肉痛
関節痛、腰痛など)
なし 強い
経過 短いが長引くことあり 短い
合併症 少ない 気管支炎、肺炎など
発生状況 散発性 流行性

予防の基本は、流行前にワクチン接種を受けることですが、

ワクチンを接種したからといって必ずインフルエンザを予防できるわけではありません。

よってワクチン接種に加え、次のようなことに気をつけると、より効果的に予防ができます。

 

流行期には人混みを避ける

  → 特に高齢者や慢性疾患を持っている人、
     疲れや睡眠不足で免疫力が低下している人は、
     人ごみや繁華街への外出は控えたほうがよいでしょう。

 

外出時にはマスクを着用する

  → 寒くて乾燥した空気はのどの粘膜の防御機能を低下させ、
     インフルエンザにかかりやすくなります。

 

外出後はうがい、手洗いをする

  → もっとも基本的なことですが、これが一番重要です。
     100%感染は防げませんが、感染率はぐっと減ります。

 

適度な湿度を保つ

  → ウイルスは乾燥した空気を好みますが湿気には弱いので、
     加湿器などで湿度を40~60%に保ちましょう。
     ただし、湿度60%以上ではカビやダニが繁殖しやすくなるので注意!
      また、定期的に部屋の換気をするのも効果的です。

 

十分な睡眠と栄養をとる

  → 疲れや睡眠不足で体力を落とした状態では,ウイルスに感染し
      やすくなります。十分な睡眠とバランスの良い栄養をとりましょう。

私は元気だけが取り柄ですので、今のところピンピンしていますが

何が起こるか分からないので、予防対策していきたいと思います!

皆さんもお気を付けくださいねbearing

投稿者:大野

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ