本当にあった怖い話

2019.08.20

皆様、お盆休みをいかがして過ごしましたでしょうか?
これは私が今回のお盆休みに体験した本当にあった話です。
私の今回のお盆休みは、友人の結婚式からはじまり、3泊4日の旅行と実家に帰省で、
自宅にいたことがありませんでした。
8月15日の最終日まで自宅に帰ることはしませんでした。

いつも通り駐車場に車輌に停め、自宅の鍵を開け、扉を開けた瞬間・・・
あれ・・・?
なぜかツンと空気が冷たいのです。
外の生温かい風と明らかに私の家は空気が違いました。
おそるおそる部屋に入り、電気を付けたとき、
私の目に飛び込んでいたのが・・・・
我が家の空調機でした。

空調機の電源は切っていたものの、
なぜかタイマー設定がされており、
電源が入ってしまっておりました。
不幸中の幸いで、Ecoモード設定がされており、
任意の温度になると空調機の機能が停止する設定がされていたので
まだよかったですが、今月の電気代請求が恐ろしくて仕方ありません。

とりあえず、友人からいただいたチョコレートが溶けなくてよかったなぁ。
とプラス思考に考えようと思いました。

皆様も長期で家を空ける際は十分にお気をつけ下さい。

つばを

 

トイレの怖い話↓↓↓


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

tel:0120-600-223
お問い合わせ