1. ホーム
  2. 花粉症の予防接種!?~ヒスタグロビン注射とは~

花粉症の予防接種!?~ヒスタグロビン注射とは~

2021.03.19

皆様こんにちは。
この時期になると花粉という言葉だけで
アレルギー反応を起こす勢いのある営業マンが先日、
花粉症などのアレルギー対策で注射を打った話をします。

先日、お知り合いの紹介で、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に対して、
一定の効果があるヒスタグロビン注射があることを教えていただきました。

こちらの注射は週に1~2回の頻度で計6回行うことで、
人により個人差がありますが、4か月程度アレルギー反応を抑える効果があります。
花粉症の方は一番つらい春をこれで乗り切れるというわけです。

なぜ効くのかは以下の通りです↓↓↓
「わたしたちの体内ではアレルギー物質・抗原(花粉など)が侵入すると、それに反応してIgE抗体が作られ、再び体内に抗原(花粉)が侵入すると、IgE抗体がすばやく抗原(花粉)と結びつき抗原の活動を抑え込みます。その際、ヒスタミンなどの化学物質が放出されます。このヒスタミンが、くしゃみ・鼻づまり・鼻水・目のかゆみの原因となるのです。
ヒスタグロビン注射は、このアレルギー反応の元になるヒスタミンの過剰な発現を抑制し、また、好酸球浸潤を抑制してくれます。」

そしてこの薬は保険が適用されるため、一度の注射は自己負担1500円程度となっており、大変リーズナブルです。
しかし、この注射、めちゃめちゃ痛かったです。
普通のインフルエンザの予防接種クラスとは比にならないくらい痛い!!
看護婦さんに普通の注射より少し痛みが伴いますと刺される寸前に言われ、
すっかり硬直してしまった営業マンがこのブログを書いています。

ぜひ気になる方はヒスタグロビン注射を行っている病院さんを探してみてください!!

つばお


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

Line
tel:0120-600-223
お問い合わせ