屋根

防水・屋根・板金工事

防水対策が必要なケース

  • 築10年以上である。
  • 天井や壁のクロスが浮いたりシミになっている。
  • 防水層にひび割れ・亀裂が入っている。
  • 防水層が膨れあがっている。

ビルや工場の屋上などは平らな面が多いため水はけが悪く、浮き・ひび割れ・膨れなどが発生しやすく、そのまま放置すると雨漏りの原因となってしまいます。漏水すれば、不愉快な思いをしたり財産の損失になるばかりでなく、躯体の寿命を縮めることになるので定期的に点検することをお勧めします。



このページの先頭へ