少しの工夫で転倒・転落を防止する

2012.10.15

高齢者にやさしいリフォーム10 ~介護保険対象のリフォーム 住宅内~

室内に手すりや滑り止めを設置することで、高齢者の方の転倒や転落が防止できます。

 

手すりを設置する

設置理由・効果:しっかりと握れる太さと高齢者の方に合った高さとすることにより、転倒事故を防止できる

DSCF0740web.JPG 施工事例   
00011202-0596-01.jpg TOTO 手すり 

 

階段に滑り止めを設置する

設置理由・効果:階段での転落事故を防止する 

DSC01576.JPG 施工事例  

光る階段滑り止めについて、こちらで少し触れていますので、ご参考にしてください。

 

廊下に段差解消の簡単なスロープを設置する

設置理由・効果:部屋の開口部に設置することにより段差を解消する  


00011202-0611-02.jpg TOTO すりつけ板  
納まり1.jpg   

~彩の国さいたま 高齢者の住まいの相談対応の手引き~より 

 

事故の発生場所については、道路などの屋外より敷地内を含む住宅の方が圧倒的に事故の発生率が高く、また 65歳以上の高齢者の方は、20歳以上65歳未満の人より家庭内での事故発生の割合が高くなっています。

 z1_2_6_03.gif   内閣府 平成24年版 高齢白書より  

室内のちょっとした工夫と改善で、ご高齢の方が転倒や転落などの事故に遭わないようにしたいものです。

 

インテリアコーディネーター・福祉住環境コーディネーター

shimura    


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ