トイレでの危険を軽減する

2012.10.22

高齢者にやさしいリフォーム11 ~介護保険対象のリフォーム トイレ~

立ち上がった時の転倒など、高齢者の方のトイレにおける危険を軽減します。

 

トイレの和式便器を洋式便器に取り替える

設置理由・効果:洋式便器にすることで、座ったり立ったりの動作の負担を軽減し、転倒事故を防止する

施工事例Before
DSC00705web大.JPG    P3190099.JPG   

施工事例After
P1220007.JPG   P5250396.JPG   

 

深く腰掛けることが困難な方のために、便器に補高便座を設置する

設置理由・効果: 座高を高くすることで、座ったり立ったりし易くする
          和式便器に簡単に設置できるものもある

00011202-0260-04.jpg   TOTO ウォシュレット付き補高便座

00011202-0261-01.jpg   TOTO 補高便座

00011202-0261-02-1.jpg    TOTO やわらか補高便座  

~彩の国さいたま 高齢者の住まいの相談対応の手引き~より 

 

補高便座は、ウォシュレット付きのものや、使用している便座が固いと感じる方のためにクッション性の良いものも出ています。

便座の高さを高くすることで、膝を無理に曲げずに腰掛けることができるようになります

 

日に何度も使用するトイレですから、少しでも負担と危険を軽減したいですね。

 

インテリアコーディネーター・福祉住環境コーディネーター

shimura    

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ