トイレに暖房機を取り付ける

2012.12.11

高齢者にやさしいリフォーム15 ~介護保険対象外のリフォーム トイレ~

急激な温度の変化など、高齢者におけるトイレの危険を軽減します

トイレに暖房機を取り付ける

設置理由・効果:急激な温度変化により、心筋梗塞や脳卒中などを起こすことを防止するため、
          暖房便座や温水洗浄機だけでなく暖房機を設置

          たとえば、温風ヒーター、パネルヒーター等を設置

~彩の国さいたま 高齢者の住まいの相談対応の手引き~より  

 

前回にもお知らせしましたが、ヒートショックを起こさないためにも、急激な温度変化はなるべく避けたいものです。

そこで、トイレ内に小さなファンヒーターを置いて足元を暖めます。

最近のものには「トイレ暖房+脱臭+マイナスイオン発生 機能」が付いたものもあって、人がトイレに入るとセンサーが感知してスイッチが入り、急速暖房しながらイヤな臭いも消してくれます。

省電・自動停止機能(退出後、2分間暖房・10分間消臭して自動停止)もついていて、トイレだけでなく脱衣場や台所にも使えるものもあります。

 

こんな便利な暖房器具を活用して、なるべく急激に温度が変化しないように気をつけたいですね。

 

インテリアコーディネーター・福祉住環境コーディネーター

shimura   

  ます     もついている

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ