浄化槽日記Vol.69~ブロワー修理~

2019.03.13

こんにちは、浄化槽管理課の野本です

 

ブロワー修理について。

ブロワーが止まっている時は、まずコンセントが抜けているケースが多いのでご確認下さい

コンセントが正常の場合は、ブロワーの故障と思われます

ブロワーには、ダイヤフラム式とピストン式があります

ダイヤフラムとピストンは消耗部品のため、ブロワーが停止してる場合は、消耗部品が原因の

可能性があります

 

本来は、ダイヤフラムとピストンは消耗部品のため、年一回の交換が必要です

停止してしまったブロワーのダイヤフラム及びピストンは、交換してブロワーが作動する場合と

ブロワーが動かない場合がありますので、動かない場合は、ブロワー本体の交換が必要になります

ブロワーを停止したままにしますと浄化槽内の好気性バクテリアは、酸素が無いと死滅して

しまいます

 

状況によりますが、1日~2日であれば溶存酸素(水中に溶けている酸素)があるので

大丈夫と思われますが、長期間止まっていると浄化槽内が腐敗します

 

再度動き出すときには強い臭気が発生しますので、注意して下さい

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

tel:0120-600-223
お問い合わせ