浄化槽日記Vol.85~汲み取りの重要性~

2019.07.03

こんにちは、浄化槽管理課の飯ヶ谷です

 

今回は、浄化槽汲み取りの重要性についてお話します

汲み取りは浄化槽法により、年に1回以上必要となっております。

 

そして、浄化槽内にも影響が出て不具合に繋がってしまいます

その不具合を幾つかご紹介します

 

 

まずは、臭気発生です。

溜まりすぎてしまった汚れからはたくさんの悪臭が出ます。

 

次に、内部部材の破損です。

いろんな部材が入っている浄化槽内に、溜まった汚れの重さで壊れてしまうこともあります。

修理が必要となりますので、汲み取り代金よりも高くなってしまいます。

 

最後に、漏水です。

汚れの重さに浄化槽が耐えきれず、槽内に亀裂が入り、水が漏れてしまうことがあります。

こちらも、修理が必要になります。

 

 

他にも詰まりの原因などになりますので、汲み取りは重要です

 

当社では、汲み取りのタイミングを点検表でわかりやすく記載しております

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ