1. ホーム
  2. アベノミクス

アベノミクス

2013.02.14

おはようございます。

本日は皆さんも1度は聴いたことのある

『アベノミクス』について、私なりにこういうことだろうなぁという理解を

簡単に説明したいと思います。

たぶん、今年の流行語大賞候補間違いないと思いますから。

さて、皆さんもご存じの通り、昨年の選挙で自民党が与党となり、

その党首である、安倍晋三氏が内閣総理大臣として任命されました。

その安倍さんが、このデフレを脱却し景気を取り戻そうと

いろいろな経済対策を考えました。

この安倍さん(アベ)がやる経済(エコノミクス)対策全体のことを

2つ合わせて,『エコノミクス』という理解ではないかと思います。

単純に、安倍内閣が実践する景気回復経済対策ということです。

お題目は『デフレと円高からの脱却、名目3パーセント以上の経済成長の達成などによる景気回復』

いろいろ対策を考えているようですが、大きいところの内容は

 ・物価目標(インフレターゲット)を2パーセントに設定し、
  日銀法の改正も視野に入れて大胆な金融緩和を行う。

 ・財務省、日本銀行、および民間が参加する外債ファンドを創設し、
  外債購入の方策を検討する。

 ・緊急経済対策を断行し、補正予算と新年度予算を合わせて
  切れ目なく経済政策を実行する。

 ・「日本経済再生・産業競争力強化法」(仮称)を制定し製造業の復活を目指す。

 ・日本の立地競争力低下による産業の海外流出を防ぐため、
  イノベーション基盤の強化や法人税の引き下げなどを行う。

 ・メタンハイドレートやレアアース泥などの海洋資源の開発に集中投資する。

他にも内外含めて政策の検討や実施をしているそうです。

ここのところ、日経平均株価が上昇しているのは経済対策の効果ではないか

という話もあります。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

Line
tel:0120-600-223
お問い合わせ