1. ホーム
  2. 震災

震災

2014.11.25

おはようございます。

長野で震度6の大地震が発生しました。

しばらくぶりに、携帯の緊急警報が鳴り、びっくりしました。

この地震で被害に遭われた方のお見舞いを申し上げます。

かなりの建物が倒壊しておりましたが、

火災もなく、死者が出なかったことも不幸中の倖だったでしょう。

速やかな復旧をお祈りしています。

今回の倒壊の原因は耐震への備えが1つの原因かとも思います。

耐震とは何か?またここ数年話に上がる制震や免震とは何か?

耐震とは、建物の骨組みなどを強化し地震の揺れに対し建物の崩壊を防ぎます。

制震とは、地震時に発生する建物の揺れを制震装置が吸収し、

地震エネルギーが建物に伝わりにくく揺れを低減する仕組みです。

それにより揺れをしっかり抑えます。

免震とは、地震の衝撃(揺れ)を吸収し、地震のエネルギーを建物に伝わりにくくする仕組みです。

どれをとっても、倒壊を100%防ぐものではなく

建物の倒壊を1秒でも遅らせることが目的であり、

できる限り早く避難することが前提になります。

日本は地震列島とも言われております。

常に災害に備える心構えと準備が必要ですね。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

Line
tel:0120-600-223
お問い合わせ