1. ホーム
  2. 原油価格値下がり

原油価格値下がり

2014.11.28

おはようございます。

見出しの通り、ここ最近原油価格が下落していますね。

日本は原油のほぼ全てが輸入に頼っていますので、

円安になっている場合、価格は上昇するのでは?と思いますが、

実際は逆です。

原油市場は北米でのシェールオイルの生産拡大や、

カダフィ政権崩壊後混乱していたリビアでの原油生産の回復など

供給が需要を上回る状態が続いているからだそうです。

また、省エネルギー等の技術革新や、世界的な景気の停滞で

需要は伸び悩むとの見方も根強く、

国際的な指標である英国産北海ブレントの先物価格は

6月半ばから約30%も下落しているそうです。

これだけ下がっていれば、ガソリンや灯油の販売価格ももっと下がりそうですが、

からくりがあるようです。

たとえば、ガソリンの販売価格の内訳は、

(ガソリン本体価格+ガソリン税 +石油税+原油関税)×消費税

となっています。

見てわかるとおり、本体以外は全て税金で構成されています。

さらにガソリン税は本則税率(28.7円/ℓ)+暫定税率(25.1円/ℓ)=53.8円/ℓもかかっています。

一時期、暫定税率が問題になりましたが、この部分です。

原油関税は2006年4月から無税とされていますが、いつ復活するとも限りません。

また、消費税はこれらの税金を含めたものに課税されていますから、

言い方によっては2重課税になっています。

普段車に乗られる方は、燃料価格が下がりありがたいと思いますが、

まだまだ、税金で成り立っているような感じです。

こちらで、1回のガソリン補給でどれぐらい税金を納めているのか

確かめられるサイトを見つけました。

是非確認してみてください。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

tel:0120-600-223
お問い合わせ