ベトナム(世界遺産へ)

2017.04.17

おはようございます。

今回はベトナムの世界遺産を紹介します。

ベトナムには大きな8つの世界遺産が登録されています。

その中で私が訪れたのは、『ホイアン』という世界遺産です。

IMG_6843.JPG
ベトナムの中部に位置し、私が滞在していたダナンから、

車で1時間ほどの場所です。

ここホイアンは、町の一角全体が世界遺産として登録されており、

普通に生活している方もいるそうです。

日本で言う、白川郷みたいだと思います。

元々ここの地は、16世紀末〜17世紀末、

東西交易の中継地として繁栄していたそうで、

ポルトガル人、中国人などが来航。

日本からも朱印船が盛んに往来し、大規模な日本人町が作られていました。

東西の文化が混合し形成された古い町並みは今も残っています。

IMG_6848.JPG IMG_6850.JPG

IMG_6851.JPG IMG_6855.JPG

さすが世界遺産だけあって、地元の人だけでなく、

観光客も半端なく多いです。

IMG_6857.JPG IMG_6859.JPG

ここからが世界遺産になります。

IMG_6861.JPG IMG_6863.JPG

IMG_6864.JPG IMG_6869.JPG

IMG_6871.JPG IMG_6872.JPG

IMG_6875.JPG

建物も、フランス植民地時代が残る黄色っぽい外壁の家や、

中国風、日本風の建物が雑多になっています。

IMG_6885.JPG

世界遺産登録に貢献した人の石像だそうです。

名前は・・・忘れました。

さらに奥に進んでいくと、

IMG_6890.JPG IMG_6892.JPG

IMG_6894.JPG IMG_6898.JPG

ホイアンの中心、チャンフー通りの西端にある日本橋(来遠橋)という場所は、

1593年に日本人によって架けられ、中国人町と日本人町を結んでいたという

屋根付きの橋だそうです。

写真にはありませんが、端の両端には犬と猿の像が奉ってあります。

IMG_6899.JPG 

IMG_6901.JPG IMG_6903.JPG

夜のホイアンも、提灯の明かりで幻想的です。

時間の関係ですべては回りきれませんでしたが、

非常に良いところです。(暑いのを除けば・・・)


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ