タカタ

2017.06.17

おはようございます。

今日も天気は良いのに、

複雑な気持ちの残る新聞の1面を見ました。

『タカタ、民事再生法申請』

自動車のエアバックで世界シェア2位のトップ企業は、

数件のエアバック事故を受け、該当する車種をリコール。

その後他の車種にも飛び火し大量リコール。

全世界に広がり、リコール対象車は1億台を超えるそうです。

リコールにかかる費用も1兆円を超えるようです。

最初のリコールから、対応を重ね約10年、

仕組みや企業構造、危機意識の低下など、

様々な要因があったと思いますが、

誰を見て対応してきたのか、個人的に疑問を感じます。

弊社も、ともすると問題の原因を他責にしたり、

先延ばししたりすることが見受けられることがあります。

このような事例を元に、弊社も襟を正し、

お客様を中心に行動するよう努めなければならないと、

改めて再認識をさせられました。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ