言った。言ってない。

2018.05.18

おはようございます。

今日は天気が悪いという予報だったのですが・・・

朝から雲一つ無く、昨日にも増して非常に蒸し暑いです。

さて、ここのところ『言った言わない』のような問題が多くなってますね。

森友・加計学園の問題や麻生氏のセクハラ発言等々、

そして、今一番の話題は大学アメフトの試合での、

危険反則プレーに対する監督の指示の有無。

自身はアメフトのルールを知りませんが、

ルール無用になるとスポーツではなく、

ただの抗争になってしまいますよね。

また、ルールだけでなく倫理的にどうなのかという、

表に現れない、忖度みたいなものまでありますが、

人として生きていくと言うことが、

どれほど大変で、常に勉強なんだと言うことが、

自身にとって再認識しました。

話は変わりますが、歌手の西城秀樹さんがお亡くなりになりました。

テレビで脳梗塞のリハビリを懸命にやっている映像を見ると、

なぜか父親を思い出してしまいます。

長嶋監督もそうですが、半身の自由が効かない辛さを、

目の前で見てきた自身にとって、どのような気持ちで日々生活を続けているのか。

そうならないために何をしなければならないか。

また考えることが増えます。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ