言った言わない

2018.05.25

おはようございます。

米朝首脳会談が凍結されました。

北朝鮮が実施した核実験施設等の爆破の狙いは何なのか。

世界がまたざわつき始めそうです。

さて、同じように国内でもざわつき始めましたね。

日大のアメフトでのラフプレーの問題です。

元監督・コーチの会見と反則を実行した選手の会見、

両方を見ましたが、会見の質としては前者の方が圧倒的に悪い感じがしました。

今回の問題の本質は、なぜ反則と解っていて実行したのか?

実行するような状況がなぜ作られたのか?

言った言わないでは、問題がなんなのかわかりませんね。

今回の件を我々の仕事に置き換えても、

部分的に似たような問題は、たまに起こります。

こちら側は『そのような意味合い』では言っていない。

受ける側は『こういう認識』で捉えていた。

お互い主観に基づいた曖昧な理解の話です。

自身もこういう状況は起こりがちです。

相手に伝えるときは、例え解っていたとしても、

具体的に明確に伝えることが大事なんだと再認識した事案でした。

今後、この問題がどのようになっていくのか見守りたいと思います。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ