平成最後のビッグレース

2018.12.21

おはようございます。

今日も朝から最高の青空です。

これから天気は下り坂のようですが、気持ちは上り坂でありたいですね。

さて、昨日も日経平均は大きく値を下げて、

20,000を切ってこようかというレベルまで、大幅に下落をしました。

海外での景気状況が、もろに日本に影響しているのが一目瞭然ですね。

もっというと、国内の状況はそれほど反映されていないという現状も見えます。

年末までに多少回復してくれれば良いのですが。

話は変わりますが、今年、いや平成最後のビッグレース

『第63回 有馬記念』が開催されます。

ちなみに私が興味を持ち始めたのは、1984年のシンボリルドルフからです。

当時は最後の直線で圧倒的なスピード見せて、当時のレコードを塗り替えました。

馬の底力を見せつけられて以来、すっかり虜になっていました。

その後のオグリキャップやトウカイテイオー、ナリタブライアン、ディープインパクトなど

数々のスターホースが通り過ぎました。

そして、平成最後の有馬記念を制するのはどの馬か!!

歴史に残るレースになってほしいものです。

ちなみに去年は北島三郎の馬、『キタサンブラック』が圧勝でした。

それでは良い週末を。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ