情報不正

2019.01.30

おはようございます。

今日も乾燥している上に、寒いですね。

 

インフルエンザの猛威も一向に収まる気配を見せません。

この乾燥で、普通の風邪でも治るのに時間がかかるそうです。

水分補給、休息、うがい、手洗い等できる予防対策を続けましょう。

 

さて、厚生労働省が発表している勤労統計情報の不正が問題になっています。

公表された情報については、「全数調査」のはずが、

「一部抽出調査」になっていたというもの。

賃金、労働時間及び雇用の変動を明らかにすることを目的にしており、

単純に税金や所得に影響する大事な調査だそうで、

場合によっては、全国民に影響する事だそうです。

 

今の時代は、ネットを通じてリアルタイムに情報を取得できる反面、

その情報が正しいかどうかが、わからない場合がままあります。

これからは、得た情報が正しい情報かどうかを判断するスキルが必要ですね。

 

本当は自分自身で経験したことや、手間をかけて苦労して得た情報が、

一番正しかったりするのですが・・・


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ