米中貿易摩擦悪化

2019.05.14

おはようございます。

今日は朝から曇り空で、パラパラと雨も落ちてきました。

今週はすっきりしない天気が続くような話もあります。

現場の仕事が進まなくなるので、なんとかして欲しいものです。

 

さて、昨日の報道で、景気が悪化しているという報道がありました。

発端は、2018年1月アメリカが、中国から輸入される太陽光発電パネルや、

洗濯機に対して追加関税を課すことを発表したことから始まるようです。

これを皮切りに、アメリカは、アルミニウム製品や、鉄鋼についても関税の引き上げを行い、

さらに、これに対して中国も、アメリカから輸入する果物や自動車、

ロボットに対して、報復的に関税を引き上げました。

というように貿易摩擦が始まったようです。

 

数日前にアメリカが一部の輸入製品にかかる関税を10%から25%にしたことで、

中国も報復的に10%の関税を25%に引き上げると発表し、

さらに今後の景気が不透明になりつつあります。

 

国内では内需の停滞や消費税増税への懸念からなのか、景気悪化という判断がされました。

そもそも、ここ数年でも景気は良かったのか?それも疑問ですが・・・

そもそも景気が良くないのに、悪化も何もないような感じもします。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ