凱旋門賞2019

2019.10.07

おはようございます。

新しい週に入ったのに、新しい台風が発生したそうです。

今週末の3連休が怪しいそうです。

今のうちに、できる対策はしておくべきですね。

 

さて、いま、○○ジャパンとして、いろいろなスポーツが活況を浴びています。

特にラグビーは今までTVで放映されるようなことがあまりなく、

ラグビーをモチーフにしたドラマのヒットも後押しを得て、

いま、日本ではスポーツが熱い感じです。

 

しかし、皆さんはご存じでしたでしょうか?

昨日日本時間深夜、遙かフランスで、競馬のワールドカップといっても過言ではない、

世界一の馬を決める「凱旋門賞」に日本代表の3頭が挑戦しました。

今まで、日本の馬がこの賞を制したことはありません。

今年はかなり有力でしたが、結果は言っては申し訳ないのですが惨敗でした。

世界の壁の厚さを感じましたね。

 

過去10年では、震災復興の2013年に有名になった

「オルフェーブル」「キズナ」が出走しましたが、

オルフェーブルは2着、キズナは4着ともう一歩でした。

更に過去に振り返ると、先日逝去した伝説の最強馬、

「ディープインパクト」は3着に入るものの、その後失格になってしまいました。

 

来年は日本が飲まされた苦渋を、喚起に変えてほしいと思います。

なんてったって、来年はオリンピックイヤーですから。

その前に日本経済がどうなることやら・・・

 

ともあれ、ラグビー日本代表の大躍進にあやかり、

我々も、今週張り切って参りましょう。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

tel:0120-600-223
お問い合わせ