25年前

2020.01.17

おはようございます。

これから天気は下り坂。気温も上がらず、未明にはもしかしたら雪が降るかもしれません。

 

さて、今日は忘れたくても忘れられない出来事が25年前に起こりました。

阪神淡路大震災です。

6000人以上の方が犠牲になりました。

この頃の死因で非常に多かったのが、倒壊した建物に挟まれての圧死と、倒壊した建物からの火災による焼死が問題になりました。

更に、倒壊した建物の特徴として、老朽化もあるのですが、シロアリによる被害で建物の強度が弱くなったからと言う調査結果もありました。

 

昨年もそうですが、自然災害による激甚被害が問題視されています。

私も、近くの利根川が氾濫の一歩手前まで来ました。

避難勧告が発令され、「命を第一に守る行動」という言葉を昨年はよく聞きました。

 

今年はオリンピックイヤーと言うことで、世界的な有名アスリートが日本に集結します。

東海から、首都直下型まで地震のリスクは益々高まってきています。

 

こういう機会に、今一度当時を振り返り、万が一の時に何をするか、シミュレーションや訓練、更に、当面の食料など防災に対する備えをしてみては如何でしょうか。

 

また、建物の点検も怠らないよう、気になる方は、弊社でも住まいの点検をさせて頂いております。

是非相談して頂ければと思います。

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

tel:0120-600-223
お問い合わせ