1. ホーム
  2. ヒートショックプロテイン入浴法

ヒートショックプロテイン入浴法

2012.11.28

「ヒートショック」と似たような言葉に、「ヒートショックプロテイン」というのがありました。

 

「ヒートショックプロテイン」・・・?

 

昨年TVでも取り上げられたようですが、私は初めて聞いた言葉でした coldsweats01      

 

「ヒートショックプロテイン」とは、熱による負荷で生まれるたんぱく質のこと。

「ヒートショックプロテイン」は、傷ついた部分を直してくれる万能なたんぱく質と言われている。

体の中で起こる異常(ケガ・病気・筋肉痛)はたんぱく質の異常とも言えるが、体内のたんぱく質が外からの影響が受けないようにヒートショックプロテインが防いでいる。

ヒートショックプロテインが体に増えると疲労しにくくなり、免疫力を高める

 

・・・のだそうです。

 

その「ヒートショックプロティン(HSP)」は入浴などで、増やすことが出来るそうですよ happy01

 

~HSP入浴法~

・42度のお湯に10分間入浴。41度で15分、40度で20分でもOK 。。」

  ※ふたを閉めると効果的。熱くなったら浴槽から出てもかまわない。途中で休んでも良い。

・はじめから無理をせず、徐々に体を慣らしていくことが大切

  ※とくに血圧が高い人、高齢者、体力のない人などは、決して無理をしない。半身浴にして、40~42度で20~30分を目安に、体に負担がかからないようにすることが大切

・体温が大体1.5度~2度くらい上昇すると、ヒートショックプロテインが増えると考えられている

・入浴後もHSPは増加するので、お湯から出たら素早く体をふき、体を冷やさないようにタオルケットや毛布などを巻き、10~15分間保温する

・非常に汗をかくので、最後に水分補給と着替えをする(入浴剤の利用は保温力を増します)

 ・入浴から2日後をピークに(ピーク時には個人差があるそうです)、1~3日間増加し、1週間後には元に戻る

・4~5週間続けると慣れが出てきて、HSPが下がってくることもある

 

また毎日行うと体が慣れてしまい、ショックと感じなくなってしまう為にHSPの分泌が悪くなるので、普段は40度弱のぬるめのお風呂にゆっくり入り、 週2回程度が有効なようです。

 

寒い冬の到来で風邪を引かないためにも、毎日の入浴で免疫力を上げましょう happy01  

 

第一人者:「ヒートショックプロテインがあなたを健康にする」著者/愛知医科大学:伊藤要子先生の本もご参考に。


興味のある方は、お試しあれ happy02  

 

 

shimu


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

Line
tel:0120-600-223
お問い合わせ