1. ホーム
  2. 運が良い人・悪い人

運が良い人・悪い人

2013.01.31

新年が明けて、早1ヶ月を経とうとしていますね coldsweats01 

初詣では、神様に何かお願いされたでしょうか sign02  

「今年こそ、いい人に巡り会えますように・・・」

「お金持ちに、なれますように・・・」     などなど。

 

そこでいろいろな夢が叶えられる運がいい人とはどんな人なのか、「美的」からピックアップしてみました sign03

 

運がいい人には、3つのポイントがあるようです sun 

1.人:出会いが大切! 運を運んでくれる人に巡り会う

 運を運んでくるのは、人。基本的に、運は人との出会いによって決まる。

 運のいい人の周りにはいい人が集まってくる傾向がある。

 とにかく外に出て、動いて、人に会う。幸運を呼び込むためには、自分自身の心を常に外側に向かって開いておくことが大事。

 

2.お金:気前のいい人は運が良い! お金を回すと運も動く

 人のためにおカネを遣える気前のいい人は、まず運がいい。逆に、ケチな人はあまり運が良くないことが多い。

 浪費とは違い、誰かのために自分のおカネを遣うということ。金額の大小は関係ない。

 富やお金は、運そのもの。それを自分だけで抱え込むのではなく、惜しまず贈与することで、いわば運を動かそうとする。

 運が自分の所だけに偏るのは、運が全くやってこないのと同様、好ましいことではない。運はぐるぐる回してこそ、価値がある。

 

3.利他:他人のために動く人ほど幸福感が高く、運が良い

 自分さえ良ければいいという利己的な人は、目先の利益は手に入れられたとしても、長期的に見ると人に嫌われ、いい出会いができなくなる。

 他人のことを考える利他的な人は周りから好かれ、たくさんの人が寄って来るため、数多くの選択肢の中から、いい出会いを選ぶことができる。この結果、幸福感が高まり、自他ともに認める“運のいい人”になれる 。

 

強運な人:基本的に正直ないい人。気前もいいので人が集まってくる。異性の友人も多い。いいことがあれば幸運のおすそ分けを忘れず、悪いことが起こってもひとりでウジウジしない。「人」「気前の良さ」「利他」という運の3条件をしっかり満たしているのが、幸運体質の秘訣。

不運な人:「ツイてない、なんで私ばっかり……」と、いつも自らの不運を嘆いている。手に入ったものは独り占めする傾向があり、基本的にケチ。自分のことで精一杯なので、人を思いやる余裕に欠ける。このため、人があまり寄りつかず、結構孤独 。

 

やっぱり自分さえ良ければ・・・という考え方は、結局は不運を招くのですね coldsweats02  

これからも出会いを大切に、人には親切に、生きていこうと決めました happy01 

 

shimu

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

Line
tel:0120-600-223
お問い合わせ