炎の花

2016.10.14

ヒガンバナが咲いていました 

IMG_8205-1.JPG  

秋になると彼岸花があちこちで見られますね  

不吉なイメージが強いこの花ですが、花言葉は「情熱」「思うはあなた」「また会う日を楽しみに」など

明るいものが多いです 

ではなぜ不吉なイメージがあるのでしょうか 

諸説ありますが、昔の日本では秋咲きの花が少なく他の花のいない時期に真っ赤な炎のような姿を見せ

非常に奇妙に見えたこと、また毒を有している様から禍々しいものを連想させたようです。

花を摘むと死ぬ、手が腐る、などのお話は彼岸花の持つ毒に由来しており、子供が怪我をしない様に

守る為の言い伝えだったようです  

松 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ