埼玉県久喜市 N様邸

2013.04.25

総合リフォーム工事 H25.3.27~4.27      

総合リフォームBefore 

N様は、弊社から歩いて伺える程の近さにお住まいのお客様です。

先月、築36年ということもあって床がブカブカしているので、一度見に来て欲しいというご依頼をいただきました。

実は、ご近所の方から「リフォームをしてもらったけど、凄くよかったわよ」とのお口添えもあったそうです。

そして今回、リフォーム工事をご用命頂きました。

 

リビングBefore                     和室Before   
DSCF3185-1.JPG   DSCF3167-1.JPG   

キッチンBefore                    浴室Before  
DSCF3207-1.JPG   DSCF3253-1.JPG   

洗面Before                       玄関・廊下Before  
DSCF3239-1.JPG   DSCF3289-1.JPG   

リフォーム工事は、キッチン・浴室・洗面室・リビング・和室・廊下・玄関となります。

工事期間は、約1ヶ月ほどかかります。

どんな風に変わるか、楽しみにしていて下さいね。

 

和室工事 3.28

まずは、和室の床の工事です。

昨日畳を上げ、今日から工事を開始しました。

床板を外し、強度を上げるために束石を4つから6つに増やしました。

束石4つ                         束石6つ 
P3280122-1.JPG   DSCF3406-1.JPG   

DSCF3402-1.JPG   

しっかりレベルを計って、工事を進めます。

 

リビング床工事 3.30 

工事予定では本日畳が入ることになっていたのですが、もうすでにリビングの工事に取りかかっていました。

和室では、ご主人様がくつろいでおられました。

DSCF3409-1.JPG   DSCF3410-1.JPG  

青々とした畳が入りました。

 

そしてリビングの方も既に、床下地材が貼られていました。

DSCF3417-1.JPG   

 

一部貼り終えていない部分を見ると、断熱材が入っているのが見えます。

DSCF3422-1.JPG  

 

この下地材の貼り方は乱貼りと言って、荷重を分散させる貼り方です。

DSCF3420-1.JPG   

 

そして、最後の床下地も貼り終えました。

DSCF3426-1.JPG   

 

リビングルーム解体 4.1 

今日は、リビングルームの天井と壁の解体が行われました。

DSCF3501-1.JPG   DSCF3506-1.JPG  

DSCF3510-1.JPG    

なんと!天井裏には鉄骨が見えました。

DSCF3507-1.JPG   

木造+鉄骨造のおうちだったんですね。

 

明日はキッチンの解体となります。 

 

キッチン解体 4.2

リビングルームのあとは、キッチンの解体が行われました。

DSCF3512-1.JPG   DSCF3523-1.JPG   

キッチンも、床・壁・天井を解体しました。

リビング側から見ると、こんな感じです。

DSCF3527-1.JPG   

 

キッチン工事1 4.4

昨日と今日でキッチンの床下地が貼り上がり、天井には野縁が組まれました。

DSCF3655-1.JPG   DSCF3661-1.JPG   

リビングから見るとこんな感じです。

DSCF3665-1.JPG  

 

ところで天井に見える鉄骨について、奥様からお話を伺うことができました。

建築当初は平屋建てだったらしく、お子様がお二人生まれて子供部屋が必要となりました。

そこでエレクトーンや本など重たいものを乗せても大丈夫なように、2階だけでも独立できる鉄骨で増築されたそうです。

鉄骨の柱も深く入っているので、かなり丈夫な作りになっていると言うことでした。

2階を増築するときはまだ築12~3年だったので、取り壊して立て直すという気にはならなかったということです。

それはそうですよね。

そういう訳で、天井裏に鉄骨が見えているということでした。

N様邸築36年の歴史ですね。 

 

 

リビング天井・廊下工事 4/8

キッチンと同様に、リビングの天井にも下地の野縁が入りました。

DSCF3862-1.JPG   DSCF3863-1.JPG    

そして廊下の下地も、できあがっていました。

DSCF3866-1.JPG   DSCF3871-1.JPG   

キッチン・リビング・廊下が下地で一体になっているので、とても広く感じます。  

 

キッチン工事2 4/10

キッチンもリビングも野縁が入った状態でしたが、もう天井下地が入っていました。

DSCF3906-1.JPG   

それから床材も貼り終え、養生がされていました。

一部露出していた部分があったので、そこを撮影しました。

DSCF3911-1.JPG   

全体のお披露目は、もう少しお待ち下さいね。 

 

キッチン工事3 4.15~17

今週に入って、キッチンの工事がトントンと進みました。

15日には、キッチン側に石膏ボードが貼られました。

DSCF3997-1.JPG   

そして、アウトセット吊り戸の枠が取り付けられました。

吊り戸は敷居が必要ないため、床がフラットでつまずく心配もなく、また掃除もラクです。

DSCF3992-1.JPG   

さらに、勝手口と浴室用の窯場が封鎖されました。

DSCF3994-1.JPG   

 

16日には、リビング側の石膏ボードが取り付けられ、廊下側の開口にも吊り戸用の枠が取り付けられました。

DSCF4005-1.JPG   DSCF4006-1.JPG   

 

17日は、いよいよキッチンの組立てが入りました。

DSCF4024-1.JPG   DSCF4033-1.JPG   

アイボリーがかった白なので、暖かみがあってとてもスッキリしています。

カップボードも、同じ素材で入りました。

DSCF4029-1.JPG  

また、大工工事は洗面脱衣室に入りました。

今日は、解体と脱衣室の床組工事をしました。

DSCF4019-1.JPG   DSCF4015-1.JPG   

これからの浴室・洗面脱衣室の工事も、楽しみにしていて下さい。 

 

リビング・脱衣室工事 4/18~20

18日は、リビング窓側の壁下地工事が施されました。

DSCF4052-1.JPG   DSCF4050-1.JPG   

そして19日は、いよいよ浴室の解体工事をしました。

DSCF4054-1.JPG   

撮影に行った時には、浴室の中はすっかり解体されていました。

DSCF4058-1.JPG   

リビングは、廊下側の壁下地材が貼られたため、骨組みが見えずにキレイになりました。

DSCF4066-1.JPG   DSCF4067-1.JPG   

20日は、浴室の給排水とコンクリート打設工事です。

DSCF4101-1.JPG   

このまま日曜日のお休みに乾かして、月曜日からユニット組立工事に入ります。 

 

キッチンクロス貼り・浴室ユニット組立工事 4/22~23

22日に撮影をしに行ったときには、キッチンのクロスが貼り終わって、リビングのクロスを貼るところでした。

DSCF4144-1.JPG   DSCF4147-1.JPG    

天井のクロスもキレイに貼ってありました。

DSCF4145-1.JPG   

そしてバスルームは、ユニットが組み上がっていました。

DSCF4123-1.JPG   DSCF4125-1.JPG   

途中までだった洗面室の床も、下貼りが終わっていました。

DSCF4137-1.JPG   

 

23日には、リビングのクロスもすっかり貼り終わり、養生がされていました。

DSCF4159-1.JPG   

洗面室は、壁の下地用の木工事中でした。

DSCF4163-1.JPG   

今週末には、いよいよ工事が完了します。

今から楽しみですね。 

 

工事完了後は、こちらをご覧下さい。

 

営業担当:高瀬 

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ