茨城県古河市 Y様邸

2014.11.04

浴室・洗面・トイレリフォーム工事 H26.10.20~

Y様は、浄化槽管理と床下点検をさせて頂いているお客様です。

Y様とはおつきあいも長く、以前よりリフォームのご提案をさせて頂いておりましたが、

築年数が経ったために今回のリフォーム工事をさせて頂く事となりました。

現在キャンペーン中で10月末日までの『ご愛顧記念キャンペーン』で、

Y様には浴室・洗面・トイレの3点セットをお選び頂きました。

浴室Before                      浴室After          
P9024708-1.jpg   PA284818-1.jpg     

洗面Before                      洗面After   
P9024714-1.jpg   PA314833-1.jpg     

トイレBefore                     トイレAfter  
P9024701-1.jpg   PA314825-1.jpg    
   

完了 10/28~29

浴室工事完了の後は、トイレと洗面室の内装工事となります。

そして内装工事が終わると、新しいトイレを設置して完了となります。

PA314825-1.jpg   PA314826-1.jpg   

トイレの入口には、手すりを取り付けました。

PA314827-1.jpg   

洗面室には、新たに洗面化粧台と洗濯機などを設置します。

PA314833-1.jpg   PA314835-1.jpg   

そして最後に、窓の形状が変わったため、外壁の補修をします。

PA314837-1.jpg   

以上で、工事は完了となります。

工事中はご不便をお掛けしましたが、これからは快適に生活して頂ける事と思います。

室内養生・浴室解体工事 10/20~23  

まずは20日に、室内の養生をしました。

PA215080-1.jpg   

そして21日には、浴室の解体工事をしました。

PA215081-1.jpg   

浴室の壁下地には、断熱材が入ります。

PA235088-1.jpg  

ところでY様のお家でも、床下点検を毎年させて頂いているのですが、

実はそこから分かる重要な点があります。

↓ 下の写真をご覧ください。

P9024694-1.jpg   

こちらの写真は、Y様の浴室を床下から見た写真です。

何処にも悪いところは見あたらず、一見キレイに見えます。

ところが・・・・

PA215082-1.jpg   PA215083-1.jpg   

浴室の中を解体してみると、土台部分の腐れや以前にシロアリに食われた跡がありました。

これは、ちょっとした木部の水染みの跡などから想像して、ご提案をさせて頂くのですが、

どの程度被害があるのかは、解体してみないと分かりません。

今回も早めにご提案できて、良かったと思います。

次回は、浴室ユニットの完成となります。

浴室ユニット組立・大工工事 10/25~27

24日には土間コンクリートを乾燥させて、25日にいよいよ浴室ユニットの組立てです。

DSCN1622-1.jpg   DSCN1626-1.jpg  

DSCN1627-1.jpg   DSCN1629-1.jpg   

浴室のユニットの完成は、このようになりました。

PA284817-1.jpg    

Y様の浴室はTOTOサザナ1220で、内包寸法が1200×2000㎜と通常の浴室に比べ、

細長いタイプの浴室となります。  

浴槽はクレイドル浴槽で、ゆりかごに包まれているようなゆったりとした気分が味わえます。

他にも魔法瓶浴槽やほっカラリ床など、これから迎える冬を、暖かい浴室で過ごすことが

できる浴室となりました。

そして27日には、給排水の設備工事と浴室と洗面化粧室の大工工事が入りました。

PA284819-1.jpg   

洗面化粧室のクロスも、キレイに貼られました。

次回はいよいよ完成です!

営業担当:大島直幸 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ