栃木県小山市 Y様邸

2018.07.28

浄化槽スラブ打ち工事

浄化槽の蓋枠が経年劣化等で破損していまいました。

そのせいで、土が浄化槽内に流入してしまいました。

tateno20180622-1.JPG  

tateno20180622-2.JPG  

tateno20180622-3.JPG  

そこで、浄化槽蓋枠をかさ上げし廻りに採石とコンクリートで枠を作り

土砂が入らないように直しました。

浄化槽の事で何か気になる事がございましたら、お気軽にご相談ください。

営業担当:舘野 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ