冬を暖かく快適な家にするには1 ~開口部に気をつけよう~

2014.01.18

日本では高齢化が進み、ヒートショックによる家庭内の事故は、年間1万人以上もの死者が出ると

言われています。 

ではヒートショックの多い冬に、暖かく、そして快適な住まいにするにはどうしたらいいのでしょうか。

017045-2.jpg  

 

開口部に気をつけよう! 

暖かい家は気密と断熱    

〈断熱とは〉

熱が伝導や対流・更には放射によって伝わるのを防ぐこと。

家の構造を熱が伝わりにくくすれば、冬場だけでなく、夏場は逆に外からの熱が入りにくい家になります。

 

〈気密性とは)

隙間風などが入ってこない状態を気密性が高いという。つまり空気が漏れない性能をいう 

家を構成する壁や窓の断熱性能を上げると同時に、せっかく暖まった空気を逃がさないような構造に

することも大事です。  

 

窓の断熱は効果的

ちなみに熱交換が最も多く行われているのは窓であり、窓の断熱は非常に効果的です。 

一般的な家では、冬の暖房時にこれら開口部から全体の約5割の熱量が逃げていくと言われます。

寒さから室内の暖かさを守るため、窓は「断熱」と空気が移動しないようにする「気密」が必要になります。

 

窓を二重構造にしよう

暖かい家にするには、まず窓から熱が逃げないようにすることです。

窓ガラスを複層ガラスに交換したり、今ある窓に「内窓」(二重窓)を付けて断熱効果を上げる方法が

あります。

  

次回は、窓のほかに家の断熱性能を高める方法についてです。 

 

 

  

 


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ