浄化槽日記Vol.4 ~散気管(ディフューザー)~

2018.02.06

初めまして。浄化槽管理課の飯ヶ谷と申します

加須市や野木町を中心に担当しております

今回は、浄化槽の消耗品である散気管(ディフューザー)についてお話しします

散気管(ディフューザー)とは、ブロワーからの空気を泡状にして水に溶け込みやすくする部材で、

平均2~3年で交換をお勧めしております

理由としては、フィルターになっているので時間が経つと目詰まりを起こしブロワーに負担がかかります

さらに、空気量の低下で微生物の活性が損なわれます

時間が経って黒くなった散気管(ディフューザー)がこちらです

DSC_0393.JPG

こうなると空気の出が悪くなり、ブロワーに負担がかかります

こうなる前に新品の散気管(ディフューザー)への交換をお勧めします

DSC_0394.JPG


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ