浄化槽のよくあるQ&A ~浄化槽清掃(汲み取り)編2~

2011.11.08

Q.汲み取り清掃したばかりでも、保守点検は必要ですか?

A.浄化槽清掃直後は槽内の状態(微生物の働き)がまだ不安定な為、浄化槽の機能が十分に発揮できない場合が多いのです。また衛生害虫も非常に発生しやすい状態となります。
従って、
浄化槽清掃直後であっても浄化槽の保守点検は重要となります。

「浄化槽の清掃」(汲み取り)は槽内の汚泥の引き抜きを行い、槽内の清掃を行う作業であり、保守点検の目的とは異なります

「浄化槽の保守点検」では通常、

・処理水の簡易水質検査
・消毒薬の補充及び、滅菌状況の検査
・流入管渠(りゅうにゅうかんきょ)及び、放流管渠(ほうりゅうかんきょ)の状態確認(スライム付着等)
・浄化槽の設備、機器類の点検(ブロワーや槽内設備等)
・衛生害虫発生状況確認及びその処置
・その他の浄化槽の機能を正常に保つための処置及び提案

等を行っています。

 

浄化槽のよくあるQ&A ~浄化槽清掃(汲み取り)編3~    

浄化槽のよくあるQ&A ~法定検査編~    

 

も、合わせてご覧下さい。


最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このページの先頭へ

tel:0120-600-223
お問い合わせ