1. ホーム
  2. 富士くんの豆知識
  3. 浄化槽日記

富士くんの豆知識

浄化槽日記Vol.74~浄化槽の不具合~

2019.04.17

こんにちは、浄化槽管理課の飯ヶ谷です

先日、浄化槽点検でちょっとした不具合がありました

それがこちらです

 

 

少し見えにくいかもしれませんが、担体流出防止用の網が外れてしまっています

担体とは、微生物の住み家となる小さな部材で、これが流れ出てしまうと浄化槽の機能が損なわれ、

臭気発生の原因になります

こういった不具合でも、当社ではちゃんと報告し、対処します

 

もし、点検等で気になる事がありましたら、当社までご連絡下さい

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 


事務編Vol .1~川が汚れる原因~

2019.03.27

お客様が、単独浄化槽から合併浄化槽に入替をするということで連絡を受けることが

あります

 

以前に、この「富士くんの豆知識」のブログで浄化槽管理の営業担当が少し話してくれて

いましたがもう少し詳しく調べてみました

 

★川が汚れてしまう一番の原因は、家庭から出る生活排水です。

 

家庭から流れ込む排水が汚れの約7割を占めているそうです。

単独浄化槽ではトイレの排水しか処理をしないため、その他の(台所・洗濯・風呂場等)

家庭排水はそのまま川へ流れていきます。合併浄化槽家庭排水すべて処理することが

できます。

 

 

そのため、市町村も合併浄化槽への転換を勧めているとのことです。

転換により、家庭から出る生活排水による汚れを8分の1まで減らすことができます。

県内の多くの市町村では、単独浄化槽から合併浄化槽への転換にかかる補助金制度

あります。

 

 

 

お客様から受電の際に、単独と合併の違いを聞かれることがあり説明をしていましたが、

今回詳しく調べてみると、単独浄化槽は水環境にかなりの悪影響を与えていることを

知りました。

 

 

 


浄化槽日記Vol.72~雨水って入っても大丈夫?~

2019.03.27

こんにちはakieです

 

皆様の周りでは桜は咲き始めていますでしょうか?

寒い時期も終わってもうすっかり春になりましたね

 

浄化槽の点検ですが、お伺いした際に雨水や土砂が入り込んでいないかの確認もしています

雨水も水なので浄化槽の中に入ってしまっても、問題ないと思ってしまいますが、

雨水は浄化槽では処理しません。

汚水ではないのでそのまま別の管で外に放流します。

 

浄化槽の中へ雨水が入ってきてしまうと、問題を引き起こす事があります。

水の流入が多くなってしまうと、処理機能の低下を引き起こし、臭気の発生や水質の低下、

また土砂の混入でつまりが出てしまう可能性が出てきてしまいます

入らないように工事施工、点検確認していますが、経年劣化によって思わぬ所から入って

しまうことがあります

安心安全に使っていけるよう定期的なメンテナンスや点検をしていきたいですね 😛 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 

 


浄化槽日記Vol.70~排水管清掃のおすすめ~

2019.03.20

こんにちは。浄化槽管理課の鈴木です 😎 

 

僕達の主な仕事は当然浄化槽の管理なのですが、その業務内に台所、トイレ等から浄化槽までの

配管の詰まり等の確認、改善もあります

しかし、僕達が管理できるところも限られているため、見えないところに汚れが溜まり

詰まりが発生する場合があります

そのため、詰まりの予防として当社では配水管清掃をオススメしています

定期的に行えば、詰まりの発生する可能性はかなり低くなります

また、当社では今配水管清掃の値引きセールを行っていますので興味がある方は今がお得ですよ

 

浄化槽管理について詳しくはこちら

 

 


浄化槽日記Vol.69~ブロワー修理~

2019.03.13

こんにちは、浄化槽管理課の野本です

 

ブロワー修理について。

ブロワーが止まっている時は、まずコンセントが抜けているケースが多いのでご確認下さい

コンセントが正常の場合は、ブロワーの故障と思われます

ブロワーには、ダイヤフラム式とピストン式があります

ダイヤフラムとピストンは消耗部品のため、ブロワーが停止してる場合は、消耗部品が原因の

可能性があります

 

本来は、ダイヤフラムとピストンは消耗部品のため、年一回の交換が必要です

停止してしまったブロワーのダイヤフラム及びピストンは、交換してブロワーが作動する場合と

ブロワーが動かない場合がありますので、動かない場合は、ブロワー本体の交換が必要になります

ブロワーを停止したままにしますと浄化槽内の好気性バクテリアは、酸素が無いと死滅して

しまいます

 

状況によりますが、1日~2日であれば溶存酸素(水中に溶けている酸素)があるので

大丈夫と思われますが、長期間止まっていると浄化槽内が腐敗します

 

再度動き出すときには強い臭気が発生しますので、注意して下さい

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 

 


浄化槽日記Vol.68~ご質問シリーズ~

2019.03.06

こんにちは浄化槽管理課のナナです(^^)/

 

梅の花が終わりもうすぐ桜の季節がやってきます

私は、地元の権現堂の桜や菜の花はとても綺麗で毎年見に行きます。

今からとても楽しみですね(*^_^*)

 

今回は2つほどご質問をいただいたのでまたまた答えさせていただきたいと思います。

 

一つ目です

Q. <糖尿病や血圧の薬を常用していると、浄化槽に良くないと聞きましたが実際どうですか?>

A. はい。特に単独浄化槽(トイレのみ浄化槽)では、糖尿病・高血圧症等の薬の常用が

浄化槽機能低下します。

なぜかというと・・・糖尿病は、人より多くの糖がでてしまうために過負荷になり易く、

単独浄化槽では影響を受けやすいです。臭気等の原因にもなります。

小型合併浄化槽の場合(生活排水+トイレの浄化槽)は、流入水量が多いので薄められますが

少なからず多少の影響が単独浄化槽と同様出る可能性がありますので注意が必要です

 

二つ目です

Q. <炊事や洗濯の時に注意することは??>

A. はい。台所から出る調理くずや、残飯などの生ゴミは、別で集めて処理してください

生ゴミが流入すると、配管詰まる可能性があり、浄化槽にかかる負担が大きくなり

浄化槽能力が低下します

 

揚げ物で使用した油は浄化槽に流さないで下さい。

鍋や皿に付着した少量の油は紙などで拭き取ってください。

あと洗濯の時の洗剤、漂白剤は適量での使用をおねがいします。

 

 

長くなってしまい申し訳ございませんちょっとでも参考になれば嬉しいです

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 


浄化槽日記Vol.67~ラバーカップの使い方~

2019.02.27

こんにちは akieです

だんだんと暖かくなってきましたが、その分花粉が飛ぶようになってきましたね

最近花粉症になってしまったみたいでくしゃみが止まらないです

 

私たちは、浄化槽の点検でお伺いさせていただいていますが、そのときにトイレのつまりの

相談を受けたりします。簡単なつまりはラバーカップでどうにかなりますが、

ラバーカップの正しい使い方、失敗しないコツってご存じですか??

 

一つはラバーカップのゴムの部分が水につかっていること

使っていないと力が分散してしまって正確に力が伝わりません

 

もう一つは押す時ではなく引くときに力を入れることです

つまり原因を押し込むとさらにつまりが酷くなってしまう場合がありますので、

つまりの原因を引っ張り出す事が重要です

 

また作業中は汚水が飛び散りやすいので新聞紙で周りを覆うなどしてくださいね

 

もし、それでもつまりが取れない場合は、圧力では取れないつまりの可能性が高いので

弊社までご連絡下さい

担当者がお伺い致します。

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら


浄化槽日記Vol.66~書類の保存~

2019.02.27

こんにちは

浄化槽管理課のナナです

お久しぶりです!!梅の花が綺麗なこの季節いかがお過ごしですか??

花粉症の人は杉花粉の時期ですね・・・きついですよね

 

さてさて本題です

お客様よりご質問いただきましたのでまたまた、答えさせていただきます

 

Q 保守点検・清掃(汲み取り)の記録表はどのくらい保管しなければならないのですか?

A 保守点検・清掃(汲み取り)の記録表は、浄化槽管理者が3年間保管する義務があります。

また、これらの記録は法定検査の際に必要なものです。

これらがないと法定検査の書類検査ができなくなりますので、専用の書類をつくって

保存するといいですよ?ためしてみてください

 

ご参考になりましたでしょうか??

何かありましたらどんな小さなことでも大丈夫です!

お気軽にご相談ください(^^)/

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら


浄化槽日記Vol.65~エアー漏れ~

2019.02.20

こんにちは、浄化槽管理課の野本です

 

浄化槽内からエアー漏れの音について

 

通常は、ブロワーから配管を通り浄化槽内の処理水槽でばっ気をさせて、

汚水を綺麗にしています

ブロワーから送られてくる空気が、配管のわずかな隙間からでも漏れていると、

浄化槽に空気(酸素)が送られなくなり、バクテリア等、微生物が死滅し、

浄化槽は機能しなくなります

 

ブロワーが正常に動いているにもかかわらず、浄化槽内のばっ気が確認できない場合は、

配管やバルブからの空気漏れの可能性が考えられます

 

マンホール内から空気漏れの音がしましたら、当社までご相談下さい

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

https://www.fco.co.jp/service/drain/


浄化槽日記Vol.64~新型浄化槽の説明会に参加しました~

2019.02.13

こんにちは、浄化槽管理課の飯ヶ谷です

 

先日、2月6日にクボタのKZ2(新型浄化槽)の説明会に参加してきました

 

会場は伊奈町にある県民活動センターというところです

なんと、私の実家から自転車で5分くらいの場所でした

会場ではクボタの社員さんがスライドで説明をしてくれました

 

 

 

 

 

 

外には、KZ2のカットモデル(内部が見えるようにしたもの)が置いてあり、

内部の構造がわかりやすかったです

前のタイプより浄化槽の維持管理がし易くなっているみたいです

 

 

 

 

 

 

販売や取り付けはこれから行うようなので、しっかり勉強し不具合が出ないように

維持管理をしていきたいです

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちらへ

 

 


浄化槽日記Vol.63~冬の浄化槽点検あるある~

2019.02.06

こんにちは。浄化槽管理課の鈴木です

 

相変わらず寒い日が続いてますね

 

この時期浄化槽点検する際、外の水道が凍っていることがよくあります

季節柄仕方がないことなのですが、点検している側としては辛いところ、、、

お客様から見ても、ちゃんと点検できているか心配なところでしょう

 

しかし、ご安心ください

 

弊社の点検員は、このような事態に備えて常に水を予備で用意しています

不測の事態が起きても、弊社では仕事をきちんとする準備をしています

 

余談ですが、冬になると氷点下になる地域(北海道、東北の地域)で浄化槽を使用している方達は、

どのように管理しているのか気になっている今日この頃です。。。

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 

 


浄化槽日記Vol.62~ブロアーの交換について~

2019.01.30

こんにちは、akieです

 

ご挨拶が遅れましたが今年もよろしくお願いします

 

乾燥していて風邪やインフルがはやっていますので皆様体調にはお気をつけ下さい

浄化槽をお使い頂いているお客さまは、ブロアーを取り付けていらっしゃると思いますが、

何年程お使いになっていますか

 

 

メーカー様では大体7年前後でお取り替え時期だとご案内しています

 

特に最新のブロアーは、エアコンと一緒で省エネ機種が主流となっていまして、

電気料金がかなり安くなる場合があります

 

長い目で見れば付け替えた方がお得になりますので、交換時期のお知らせ時には

是非ご検討ください

 

 

浄化槽維持管理について詳しくはこちら

 



このページの先頭へ

Line
tel:0120-600-223
お問い合わせ